買い物かご 会員ページ(登録) ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

エクストラオリーバEXVって他の石けんとどう違うんですか?

エクストラバージンオリーブオイルとバージンオリーブオイルとは違うのですか?

ハイ、グレードが違います。
国際オリーブ協会の基準で定められている分類によると、太陽の恵みをたっぷり受けた新鮮なオリーブの実から化学処理を一切行わずに搾取した天然オリーブオイルより、資格を持った専門家による官能検査(味・香り)、酸度(1%以下)によって選ばれたものだけが「エクストラバージン」の資格を持ちます。例えば酸度が1.2%であっても、エクストラの資格はなくランクしたのバージンオリーブオイルとなってしまいます。厳しい国際基準による認定をクリアしたエクストラバージンオリーブオイルが、バージンのオイルの中でも最高級とされる理由です。

バージンオイルではなく、どうして最上級のエクストラバージンにこだわったのですか?

まず、モニターテスト段階でエクストラバージンで作った製品が、単なるバージンよりも満足のいく結果が出ました。エクストラバージンオリーブオイルは人の皮脂に近いオイレン酸がずば抜けて多く、肌への浸透力が強く、メラニンの生成を抑える働きもあります。。紫外線による上皮のダメージ、シワの形成の抑制やくすみを防ぐトコフェロール類(ビタミンE群)、スクワレンも含まれ、栄養分や酸素を細胞に届け皮膚の新陳代謝を活発にし、潤いのある肌を保ちます。欧州では、エクストラバージンオリーブを使った手作り石鹸はたくさんありますが、日本で釜焚き・わく練りで作ったのは今回が初めてだと思います。皆さんには「オリーバ」の洗い上がりと潤い感を実感していただければ幸いです。やはり、エクストラバージンオリーブオイルは、単なるバージンオリーブとは違うことをご納得いただけることかと思います。

「オリーバ」で洗顔すると、つるんとしっかり洗い上げ出来て、しかもそのあとに、まったくつっぱりません。この秘密は?

はい、それはエクストラバージンオリーブオイルに含まれる有効成分のおかげです。エクストラバージンオリーブオイルに豊富に含まれる天然保湿成分、美肌成分、オイレン酸、スクワレンは、洗えば洗うほど肌の表面にベールのような薄い保護膜をはり、肌の外へ外へと蒸発しようとする水分を、内側にギュッととじこめます。またその保護膜は紫外線等の外的ストレスからもお肌を守る働きを促します。

一般の石鹸は、劣化すると聞いたのですが本当ですか?また「オリーバ」はどうなのですか?

ハイ、本当です。しかし「オリーバ」は大丈夫です。
一般に石鹸の主成分は動物や植物からとれる油脂、苛性ソーダ、水などから出来ています。その中でも、原料の油脂は石鹸にとって最も重要で、その油脂次第で使用感などまったく変わってしまします。その油脂はアブラですので、当然「酸化劣化」します。酸化の主な原因は、酸素・光・熱などです。酸化劣化した石鹸で毎日顔を洗うのは、美容上、実に良くないことで皮膚に悪い影響を与えます。「オリーバ」が大丈夫な理由は、「オリーバ」に使用されている植物油脂はエクストラバージンオリーブオイルであるため、抗酸化性分がたっぷりと含まれているため、理論的には酸化しない油脂だからです。そのため、いつも純度の高い状態で安心して使える最上室の石鹸となっています。だからこそ純選堂では、エクストラバージンオリーブオイルにこだわって「オリーバ」に配合しました。

石鹸で一番大切なのは、主成分の石鹸素地なのですか?

ハイ、その通りです。
よく宣伝などでは、「植物エキス・ミルク・豆乳・炭」、新しいところでは「コエンザイムQ10」入り石鹸ということで次から次と流行ものを作り出しています。でも、それらはすべて石鹸の主成分ではなく、副成分(別名で添加剤)で、ほんの数%にも満たない量しか入っていないものがほとんどです。石鹸の主成分の中心は、油脂または脂肪酸です。これらを石鹸素地とよびます。石鹸素地の6〜9割は石鹸素地ですので、その石鹸素地の品質次第で石鹸の品質が大きく左右されるため、石鹸素地にどんな油脂・脂肪酸が使われているかを見極めることが一番大切です。油脂には、一般的に牛脂・ヤシ油・パーム油・高級なところでバージンオリーブ油などが使われています。脂肪酸は、ミリスチン酸・パルチミン酸・ステアリン酸・オイレン酸などです。その中でもオイレン酸の含有量が極めて高いエクストラバージンオリーブオイルは最高級の石鹸素地といえます。「オリーバ」は石鹸素地にエクストラバージンオリーブオイルを高配合しています。もちろん副成分(香料・顔料・酸化防止剤・界面活性剤・着色料・保存料・防腐剤・凝固剤など)は、ゼロの完全無添加のわく練り石鹸です。
※「オリーバ」の全成分は、全て石鹸の主成分(石鹸素地をはじめとするベース原料)だけで、副成分(添加剤)は一切入っておりません。


ページトップへ