買い物かご 会員ページ(登録) ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

紫外線UVケア化粧品とは・・・

一般的に日焼け止めクリームといわれているものには、「紫外線吸収剤」と「紫外線乱反射剤」の2種類の紫外線防止剤が使われています。

これらのもともとは、印刷インクが紫外線で色あせるのを防ぐのに使っていた薬品。お肌にいいわけがありません。

中でも問題なのがパラアミノ安息香酸(PABA)などに代表される「紫外線吸収剤」です。これらは、皮膚の表面に広がっている時は紫外線を防ぎますが、皮膚の中に侵入すると、こんどは逆に吸収、光化学作用で肌を荒らし、日焼けを防ぐところか、かえってシミの原因となってしまいます。しかも防腐剤やタール色素と同系統の化合物が使われることが多く、さらには長時間の仕様や常用することによって油分が酸化し、お肌にダメージを与えます。

合成ポリマーの水溶液に紫外線吸収剤を溶かし、ファンデーションの下地などにしているものもありますが、合成界面活性剤との複合作用によるお肌への悪影響が心配になります。 

また、「紫外線吸収剤が入っていないから安全です。」とうたっている化粧品もありますが、中には酸化チタンや亜鉛などの金属が入っているものも少なくありません。            

ページトップへ