買い物かご 会員ページ(登録) ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

肌にビタミンCが必要な理由

犬や猫などの動物は体内でビタミンCを作ることが出来ることを、知らない人は意外と多いのではないでしょうか?

そうなんです!
人間や猿などの霊長類は進化の過程で、いつの間にか体内でビタミンを作ることが出来なくなりました。おそらく、これは手を使うようになり、いつでも木になっている果実をとって摂取できるので、次第に退化してきのではと、考えられています。

その為、口から取るものによってビタミンを補給する必要があるのですが、果物やサプリメントなどで体内に取り入れても皮膚の細胞にまでたどり着くのは、最後の最後。ほんのわずかな量でしかありません。特にビタミンCは水溶性で水に溶けやすい性質のため、大量に摂取しても、すぐに体外に排出されてしまいます。

水溶性のビタミンCは還元力が強い反面、光、熱、空気に触れると酸化変化を起こしやすいという不安定なものです。またビタミンCには、天然のものと合成のものがあります。

液体になったビタミンCLA8には天然の水溶性ビタミンCを使用しており、不安定なビタミンCを特殊な技術により、酸化などの変質を防ぎ、そのままのかたちで長期に安定させることに成功しました。

ビタミンCは、分子量が小さく細胞に浸透し易いため、特にLA8では特殊処理されたピュアなビタミンCが8%も含まれています。

もっとビタミンCについて知りたい方は、ウィキペディアで詳しい説明があります。是非、ご参考下さい。


ページトップへ